ガス自由化ってなに?

ガス自由化とは、2017年に開始される仕組みのことで、日本のエネルギーシステムに大きな変化をもたらしました。
そこで、自分の家にとって最も良いガス会社の選び方やポイントなどについてご紹介します。

都市ガスの仕組みとは

ガス自由化は、結論でいえば「都市ガス」を使っている方に関係のあることです。
都市ガスは、地域の企業が独占状態になっています。例えば、東京ガスの供給エリアには、東京ガスのガス会社しかありません。
しかし、プロパンガスは会社ごとでガスボンベを配達しているので元々自由競争となっています。
そして都市ガスはガス料金を決める際に「経済産業大臣」の許可が絶対となっています。つまり、ガスの製造に関わる費用などと、家庭から支払われる料金の収入額がイコールとなるように定められているという仕組みです。
なお、料金を下げる場合には許可が要りませんが、値上げをする場合には必ず許可を得ることが義務付けられています。
したがって、地域独占という状況であっても好きに値段を設定する事が出ないというわけです。

ガス会社をどうやって比較すればいいの?

ガス自由化において、従来のガス会社から小売事業者である販売会社に切り替えた場合、ガス機器や周辺装置などの点検や故障時の修理、使用開始時といった対応も、ガスを販売している会社が請け負うことになっています。しかし、緊急事態や災害時・ガス漏れといった緊急性の高いケースには、「導管事業者」という従来のガス会社が対応することになっているのが、電力自由化の場合と大きく異なる点です。
ガスは命に関わるものなので、安全性という面でもしっかり保障されているので心強いのが特徴です。
そこで、業者を比較する際には料金だけでなく過去のガス料金との差や、設備の充実度・加入プランなどによって総合的に判断するようにしましょう。

ガス自由化のメリットや注意点

ガス自由化は、いくつかのメリットや注意点があります。
まずメリットとしては、ガス会社を自分で自由に選べるので、料金プランや割引・サービスなど自分にあって契約を選ぶ事が出来るという点です。これは、暮らしている人数やライフスタイルなどによって様々ななのでうれしい仕組みです。
また、現在契約しているガス会社よりも安いプランを契約する事が可能ということです。そして都市ガスの自由化に伴って、プロパンガス業界の中でも競争や料金公開といった動きが見られるかもしれないという点もあります。
しかしメリットだけではありません。大都市圏や企業しかこの恩恵を受けられない可能性があるということです。さらに、自分で業者を選ぶということ自体は自己責任となるので、業者間とのやり取りも自分で行わなければいけません。

ご家庭でガス床温水暖房をご使用中のお客様に、お得な料金メニューがございます!追加できる割引制度もいいっぱい! ガスを使っておいしい料理を楽しくレッスン、東京ガス料理教室!受講費以外の入会費年会費などは不要!お申し込みはこちら 京葉ガスをご利用中のあなたへ、現在のガスの利用料金確認や、過去と現在の利用料金を簡単に比較したいと思いませんか?そんなあなたにウィズ京葉ガス [ガス自由化]お得なプランをご紹介