ガス自由化について知る

ガス自由化を有効利用するために

2016年に電気の自由化が始まりましたが、2017年4月からはガス自由化も開始されました。
これによって全国どんな業者でもガスを取り扱えるようになったのです。
このガス自由化で私たちがやるべきこととはどういった事でしょうか。

ガス自由化の最大の狙い

ガスには都市ガスとプロパンガスがありますが、今回のガス自由化は都市ガスに限られたものです。
そもそもープロパンガスはすでに小売業者が数多く存在していて、現状としてはすでに自由化されています。
都市ガスは従来は大手1社の独占状態でした。
独占状態という事は価格を1社で自由に決めることができるうえに競争相手が居ないので、利用者はそのままその価格を受け入れるしかなかったのです。
この結果、ガスの料金はほかの国と比べると高い状態がずっと続いていました。
しかしガス自由化によって多数の企業がガスを販売できるようになるため、自動的に価格競争が行われるようになります。
今まで独占していた大手も現状の価格ではどんどん顧客を奪われるので価格を下げざるを得なくなります。
ガス料金の全体的な値下げ、これがガス自由化の最大の目的です。

わたしたちが準備できること

ガス自由化によって私たち一般家庭にガスに関する情報がいろいろ入ってくるようになりますが、ガス自由化を有効に活用するためには私たち側もそれなりの準備をしておく必要があります。
まずは現在使用しているガスの事を良く知っておく必要があります。自分がどれくらいガスを使用しているのか、そしてどのような契約をしているのか、この2点は最低知っておきましょう。でないと、ほかの業者との比較がはっきりできなくなります。
また、契約内容が今の使い方にそぐわない場合は契約内容を変更することで業者を変えなくても割安になるケースもあります。
次に業者んお情報をしっかりと得ておくことも大切です。自分が住んでいる地域で選択できる企業の情報はすべて把握しておきましょう。

詐欺に注意して

ガス自由化によってさまざまな企業がガスを小売りできるようになるのですが、これによって悪影響が懸念されています。
新しい制度が導入されると、必ずその制度に便乗してくる詐欺というのが出てきます。いわゆるガス自由化詐欺といわれるものです。
正直、私たちはまだガス自由化に関する知識は乏しいといえます。
そういった弱みを利用してガス自由化の関連会社と言いながら、他のものを売りつけるというのが良くあるパターンです。
例えばガス自由化に新しいガスコンロが必要だからといってコンロを売りつけたり、自由化のための点検といって点検費用を請求したりするケースが必ず発生します。
機器の購入も点検も必要ないので、こういった業者が来たら断りましょう。
自分自身の身を守るために正しい知識を今のうちに付けておいてください。