ガス自由化は動向を見極める必要がある

ガス自由化のメリットとデメリットを改めて考える

2011年を契機に日本のエネルギー事情が次々に変更される形になっています。2017年において、新しい取り組みとして始まろうとしているのが、一般家庭で加熱する際に使うガスを自由化するガス自由化です。

なぜガスを自由化したのか

ガス自由化自体は企業向けにおいては1995年から始まっているのですが、2017年から始まるのが一般家庭向けの都市ガス供給を自由化することです。なぜガスを自由化するのかというと、これも2011年に起きた震災が起因しています。これまでガスが安定供給を満たすために、戦前から存在する大手企業が海外から運ばれたガスの素を貯蓄して使いやすいように作り変えた後に配管で流すもしくはプロパンに入れて供給するという流れをとります。この流れを円滑にするために企業が全ての工程を独占していたのですが、2011年の電気がそうであったようにガスも一挙独占の弊害によって一連の流れの設備の一部が破損しただけで今日旧字体が出来なくなる事態になったことが背景にあります。

ガス自由化になると何が良いのか

一般向けのガス供給のガス自由化が始まると、どんなメリットがあるのかあまり知らないことが多いです。一番のメリットは事故の影響されない安定供給です。先に言ったとおりに各家庭に配る機器を独占していたことで事故が起きれば送れなくなるという問題が起きたのですが、この配給するという部分を自由化することによって仮に一つの配管やプロパンに詰め込む機器が壊れても別のルートから供給が可能なので復旧で大事なガスのインフラが維持できることになります。次のメリットは競争原理を働かせることです。これまでは一挙独占させることで安定供給が出来たのですが、その反面競争原理が働かなくなったので各家庭は決められたメニューどおりにしか使えなくなったのでガス料金の正当性が分からなかったのです。しかし自由化することで競争原理が働く様々なメニューを選べるだけでなく、しっかりといくら料金設定されているのか分かるので安心度が増します。

ガス供給の自由化のデメリット

ガス自由化のメリットは事故が起きたときの安定供給を図れることに加えて、競争原理が働くことによって料金の透明性や様々なメニューを選べることで顧客の負担軽減がなされることです。しかしデメリットがあることも覚えておく必要があります。
ガス自由化をするといっても、地方で使われているガスは基本プロパンでしか選択肢が無いため地方にはあまり関係の無い話です。
そしてガス料金が下がるといいましたが、それは競争原理が働くことで企業努力のサービスによって値下げされるということです。
しかし日本のガスは海外から輸入する流れなので、海外のガス料金が値上げすれば企業努力の甲斐も無く一挙独占の次代よりも高くなることも考えられます。