プロパンガスにも影響

ガス自由化でプロパンガスも安くなる

2017年の4月からガス自由化が始まりました。
先に電力も自由化されていますが、このガス自由化によって誰でもガスを販売できるようになったのです。
しかし、ガス自由化はあくまでも都市ガスに限定されたこと、プロパンガス利用者には恩恵はないのでしょうか。

プリパンガス利用者にとっても無関係ではない

プロパンガスは現状、都市ガスと比べるとガスの料金が倍近く違います。年間に換算すると大きな差があるので、少しでも値段が下がってほしいところですが、ガス自由化は都市ガスが対象なのであまり関係ないと考えがちですよね。
実はガス自由化によって恩恵がもたらされるのは都市ガスを利用している人だけではなく、すぐにとはいかないですが、都市ガスが供給されていなくて仕方なくプロパンガスを利用しているという人もガス自由化の流れによって結果的に恩恵を受ける可能性がとても高いのです。
ガス自由化の最大の目的は言うまでもなく、だれでもガスを扱うことができるようにすることによって価格競争が起こり、結果的にガスの料金を安くさせるという事です。

プロパンガスが高い理由

そもそもプロパンガスの値段が高いのはどうしてでしょうか。
まず、都市ガスはガスが家庭にまで届くように配管されているため、ガスが自動的に供給されます。
一方、プロパンガスはボンベによってガスが供給されるので、量には限界があります。そこで一軒一軒定期的にボンベを交換するための人手が必要です。まずはこの人件費が価格に上乗せされます。
また、プロパンガス業者の暗黙のルールとして、顧客の奪い合いをおこなわないというものがあります。
顧客の奪い合いをおこなわないために現状の価格を維持するどころか釣り上げようとする動きが活発になります。
このルールによって価格の値下げが行われにくいのも値段が高い一つの原因です。
しかし、ガス自由化によってこの古いしきたりが大きく変わります。

プロパンガス業者も都市ガスを取り扱うように

プロパンガスを取り扱う業者は言うまでもなく、ガスを取り扱う知識はとても豊富です。
ですから、ガス自由化によって今後プロパンガスを取り扱っている業者が都市ガスも取り扱うというケースがどんどん出てくるのは間違いありません。
そうなると自動的に価格競争が行われます。もし、プロパンガスしか取り扱えない業者が生き残るには今のままの価格で販売するわけにはいかないですよね。
結果的に顧客に逃げられないようにプロパンガスの価格を下げざるを得なくなるでしょう。
こういった動きが活発になると今まであまり家庭には知らされなかったプロパンガスの価格が明確化されるようになるため、利用している側も選択を積極的におこなえるようになります。